炊飯器のかっこいいキャッチコピーを見つけたので紹介します。キャッチフレーズの参考例にどうぞ。

炊飯器のキャッチコピー

象印の炊飯器「炎舞炊き」のキャッチコピーを紹介します。キャッチコピーの作り方や、面白いキャッチフレーズの参考にしていただけますと幸いです。

舞え、炎。舞え、お米。

舞え、炎。舞え、お米。
炊飯器のキャッチコピー(1)

舞え、炎。舞え、お米。

「いったい炊飯器の中で何が行われているんだ」と興味を惹き立てる秀逸なキャッチコピーです。「舞え」という短い動詞が、調理の鉄人のような力強い印象を与えます。ボディコピーも参考になります。

おいしさの理由は、かまどの炎のゆらぎにあった。

おいしさの理由は、かまどの炎のゆらぎにあった。
炊飯器のキャッチコピー(2)

おいしさの理由は、
かまどの炎のゆらぎ
にあった。

かまどの炎が激しく燃えている。
大火力の炎がゆれながら釜底に当たり、
部分的な集中加熱を繰り返す。
釜の中に温度差が生まれ、
激しく複雑な対流が起こる。
お米は勢いよく舞い上がり、
一粒一粒までふっくら炊き上げていた。

いつの間にか、お米職人のドキュメンタリー番組を見ているような気分にさせる炊飯器のキャッチコピーです。なぜ炎が舞うと美味しいご飯になるのかの説明だけではなくストーリー調になっているのがまたいいです。「炊き上げていた」という過去形なのが、「職人」を間近で見ているような感覚になる、そんなキャッチコピーです。

炊飯器のキャッチコピー まとめ

象印の炊飯器のキャッチコピーは、機能面だけではなく「職人」「クール」という商品のブランディングまでできているように思えます。まさかに差別化できるいるキャッチコピーです。普段全く料理しない自分ですら、少し興味が出てきます。人に言いたくなりますよね。「この炊飯器、炎と米が、舞うんだ」と。

また、キャッチコピーの作り方について、こちらの記事で解説しています。

炊飯器をはじめ、コピーライターにキャッチコピーを書いてほしい方に。ことばやさんではキャッチコピー10案10,000円から制作しています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ
キャッチコピー制作 お問い合わせ
次の投稿その他の記事を読む