冷凍食品のキャッチコピーを制作しました。その参考例をご紹介します。

冷凍食品のキャッチコピー

代替肉を使ったシェフ監修の冷凍食品「NextEats」のキャッチコピーを制作しました。

未体験の「おいしい」が、あっという間に。

未体験の「おいしい」が、あっという間に。
冷凍食品のキャッチコピー(1)

NEXT EATSの特徴は下記3つです。

①大豆由来の代替肉(動物性不使用)という「驚き」
②名店シェフ監修のこだわり抜いた「美味しさ」
③レンチン3分の「手軽さ」

この3つの特徴を簡潔にいかに伝えるかが、今回のキャッチコピーのポイントでした。ご提案したキャッチコピーは「未体験」という言葉で①、「おいしい」で②、「あっという間に」で③を伝えています。とくに特徴的である「代替肉」という新しい食スタイルのワクワク感を「未体験」という言葉で先頭に持ってくることで際立たせるようにしました。

こんなに美味しいのに、肉ゼロなんてウソみたい。

こんなに美味しいのに、肉ゼロなんてウソみたい。
冷凍食品のキャッチコピー(2)

「NEXT EATS」を実際に試食したときに「こんなに美味しいのに肉が入ってないってすごい」という思いをふまえたキャッチコピーです。肉ゼロでもここまでおいしい食事を楽しむことができるという驚きを感じてもらえるようなキャッチコピーを狙いました。

ひと口で驚く。名店シェフ監修の「美味しさ」に。

冷凍食品のキャッチコピー(3)

冷凍食品とは思えないほどの美味しさを表したキャッチコピーです。実際にこちらの冷凍食品をいただいた時の感想をヒントに、「ひと口で驚く」と先頭を短くすることでインパクトを持たせながら表現しながら、シェフの情報を入れることで説得力を持たせました。

原材料まで衝撃。「肉ゼロ」という新しい食体験。

冷凍食品のキャッチコピー(4)

美味しさだけではなく、原材料を見て「肉入ってないの!?」という驚きまで楽しめる冷凍食品の価値を伝えたキャッチコピーです。「カラダにも地球にもやさしい」とさりげなく環境への優しさもPRすることで、NEXT EATSのコンセプトを押しつけがましくないように伝えました。

冷凍食品のキャッチコピー まとめ

その冷凍商品のコンセプトや差別化ポイント(USP)をしっかりふまえたキャッチコピーにすることで、オリジナリティのある商品をしっかりPRすることができます。NEXT EATについては、こちらのサイトをご覧ください。

https://shop.nextmeats.jp/collections/next-eat

食品のキャッチコピーについてはこちらの記事でもまとめています。

キャッチコピーを自分で書くより、コピーライターに丸投げしたい方は、ぜひ「ことばやさん」にお任せください。10案10,000円からキャッチピーの制作を承っています。詳しくは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ
キャッチコピー制作 お問い合わせ
次の投稿その他の記事を読む