研究室のキャッチコピーを制作しました。その参考例をご紹介します。

研究室のキャッチコピー

災害リスクや街のインフラ等について研究をされている、東北大学大学院先端社会基盤学研究室のホームページにおけるキャッチコピーを制作いたしました。

「予測不可能」に挑んでいく、面白さ。
「制御不可能」を乗り越える、奥深さ。

「予測不可能」に挑んでいく、面白さ。
「制御不可能」を乗り越える、奥深さ
研究室のキャッチコピー(1)

「予測不可能」に挑んでいく、面白さ。
「制御不可能」を乗り越える、奥深さ

先端社会基盤学は新しい土木工学で、これまで分野ごとに分かれていた構造力学・土質力学・水理学・土木計画学を横断し、街の災害対策や、インフラの価値を最大化させるための研究で、社会の実務的課題にまで発展させた学問。その研究室の価値を伝えたキャッチコピーです。災害も施設の老朽化も、はっきりと分かるものではなく不確かな事象です。その事象をどこまで「予測」していくか。どこまで「制御」できるか、その難解なテーマに挑むチャレンジングな研究室での挑戦を「面白い」と共感してくれる方にアプロ-チしたキャッチコピーです。

社会から求められる土木工学

社会から求められる土木工学
研究室のキャッチコピー(2)

「工学の未来は街の安心に繋がっている」とヒアリングさせていただいた内容を落とし込んだキャッチコピーです。研究室に留まらず実務的な課題に役立つ社会に開けた学問。そんな東北大学大学院の「先端社会基盤学研究室」に興味を持たせるように訴求したキャッチコピーです。

研究室のキャッチコピー まとめ

「先端社会基盤学」と言われても理解できる人は少ないと思いますが、どういうことを学ぶのか、どういう研究のやりがいがあるのかなどをかみ砕いて表現することで、学生に知的好奇心を湧かせるようにアプロ-チできると思います。キャッチコピーの作り方についてはこちらもご参照ください。

「プロのコピーライターにお願いしたい」という方に。ことばやさんでは「研究室」のキャッチコピーをはじめ、キャッチコピー10案10,000円でプロのコピーライターに発注できます。興味のある方は、ぜひこちらのお問い合わせフォームまでご相談ください。

次の投稿その他の記事を読む