「月曜日のたわわ」の炎上について話題になっていましたね。4月4日の日経新聞に掲載された、講談社「月曜日のたわわ」の新聞広告について思うことがあったのでまとめてみました。

「月曜日のたわわ」新聞広告の炎上を見て。

月曜日のたわわ
「月曜日のたわわ」新聞広告の炎上を見て。

上記が炎上騒動になった「月曜日のたわわ」の新聞広告です。キャッチコピーは「今週も、素敵な1週間になりますように。」ビジネスセミナーの広告がよく載っている日経新聞に、こういった漫画の広告がドンと掲載されること自体にインパクトがありました。

「月曜日のたわわ」広告炎上前に思ったこと。

私がこの広告を実際に見た時に、とくにそこまで何も思わなかったというのが正直な感想です。「日経でイラストの広告って珍しいな」ぐらいで、次のページをめくっていました。これがもし「胸を強調した女性のイラスト」だったらまた違う印象を持っていたかもしれませんが、可愛い女の子がエールをくれているぐらいにしかこの広告を見て思いませんでした。

「月曜日のたわわ」広告炎上を見て思ったこと。

ツイッターの中で「この広告は、サラリーマンが胸の大きな女子高生で癒されようとしている性的搾取だ」という意見もありましたが、確かに「月曜日のたわわ」というタイトルから「月曜日の憂鬱をたわわで癒されよう」と解釈する人がいるのも分かる気がします。

「月曜日のたわわ広告炎上」のツイッターの反応。

ツイッターの反応
「月曜日のたわわ広告炎上」のツイッターの反応。

「月曜日のたわわ広告炎上」についてツイッターでは様々な意見が見られました。私が見る限りは「こんな広告は不適切だ」という意見よりも「表現規制が行き過ぎている」という意見の方が多かったように感じます。

「月曜日のたわわ」広告炎上の反応(1)見たくない表現に触れない権利

アメーバニュースで「見たくない表現に触れない権利」という言葉も注目されました。そんなことを言ったら、そもそも広告そのものが、たいていの人は「見たくない」ものに分類されるんじゃないかとは思ったんですが、ただ不快なものを見せられて何か抗議をしたくなる気持ちは分からなくはないです。

「月曜日のたわわ」広告炎上の反応(2)表現の自由

「見たくない表現に触れない権利」に対して「表現の自由」を言及する人が多くいたように思えます。ある漫画の広告が、ここまで大きなテーマの話題に発展するのは興味深く思いました。「自由」と「規制」の線引きが、とくに広告においてはなかなか難しいのではないかと思います。

「月曜日のたわわ広告炎上」の教訓

教訓
「月曜日のたわわ広告炎上」の教訓

「不適切な広告をやめてほしい」「そんなことで文句を言われたら何もできなくなる」ここの間を決めるのは難しいと思いますが、考えるべきことは色々あると思います。

「月曜日のたわわ広告炎上」の教訓(1)不快な人がいるという事実は受け止める

「広告に対して1人でも批判されたら必ず謝罪しなくてはいけない」というわけではないと思いますが、ただ「不快に思っている人が一定数いる」という事実は無視すべきではないかなとは思います。「表現の自由」は、「だれかを悲しませてもいい免罪符」ではないとは思います。

「月曜日のたわわ広告炎上」の教訓(2)しょうがないよね、にしない。

何かを肯定すると、その反対の何かを否定することになるので、誰も不快にさせない広告というのは難しいとは思うのですが「じゃあしょうがないよね」で割り切っていいのかというと、そうではないと思います。炎上を狙わなくても、過激な表現で不安をあおらなくても、人が気持ちよく動いてくれる広告は何かを考えることに、プロとしてのやりがいがあるんじゃないかなと個人的に思いました。

上記のように、時々、話題になった広告について私見を述べています。過去にはこのような広告記事も書いてきました。

「ことばやさん」はキャッチコピーを制作しています。過激なものよりも、どちらかというと温かいトーンのキャッチコピーが得意ですので、興味のある方は、下記までご相談下さい。

次の投稿その他の記事を読む