不動産売却のキャッチコピーを制作しました。その参考例を紹介します。

不動産売却のキャッチコピー

石巻市で不動産売却サービス等をご提供している「日興管財」様のキャッチコピーを制作しました。代表の熊谷様にサービス詳細や来てほしいお客様、ご希望のキャッチコピーについて詳しくお伺いしながら進めました。

何から相談すればいいかも、分からない人へ。

何から相談すればいいかも、分からない人へ。
不動産売却のキャッチコピー(1)

不動産売却、
何から相談すればいいかも、
分からない人へ。

「家を売るタイミングは?」
「売却が良いの?賃貸が良いの?」
わからないこと、何でもぶつけてください。
どんなご質問も、全て丁寧にお応えいたします。

クライアント様のキャッチコピーのご要望は、「不動産の売却依頼の強化」でした。ただ高い値段で売却できるだけではなく、日興管財様の誠実さ、お客様に寄り添う温かい姿勢が伝わるよう意識しました。キャッチコピーの制作時に一番注意したことは、大袈裟に言うと、「胡散臭くならない」という点です。

不動産売却をいきなりプッシュするのではなく「不動産売却の相談を増やす」というキャッチコピーの考え方にシフトしました。不動産売却をいきなり決断できる人は少なく、相談することですら慎重になるというリサーチに基づき、「相談のハードルを下げる」ことを狙ったキャッチコピーです。ホームページで不動産売却について検索しているということは、情報を知ることに前向きなターゲットだと仮定し、「日興管財なら知りたいことが知れそうだ」と、思っていただけるキャッチコピーを意識しました。

決断できる、売却価格を。

決断できる、売却価格を。
不動産売却のキャッチコピー(2)

決断できる、売却価格を。

不動産売却の価格のキャッチコピーにおいて、もともとのキャッチコピーは「高い価格で売却できます」だったのですが、それを「決断できる」というお客様視点からのキャッチコピーをご提案いたしました。不動産売却がなかなか進まずに悩んでいる人が、査定後にその悩みを晴らし話を前進してくれる、それほどの価格を期待できるという訴求点を、このキャッチコピーに込めました。

やっぱり頼れるのは、地元の不動産屋でした。

やっぱり頼れるのは、地元の不動産屋でした。
不動産売却のキャッチコピー(3)

どこよりも真剣に聞いてくれた。

大手にはない、コネがあります。

やっぱり頼れるのは、地元の不動産屋でした。

競合の大手不動産屋と比べて、地域密着の不動産屋のメリットについて訴求したキャッチコピーです。「画一的な対応をしないサービス精神」「大手では踏み込めない、地元の方との繋がりを持っている」「地元の不動産事情をよく知っている」という様々な側面からアプローチしたキャッチコピーをご提案いたしました。

不動産売却のキャッチコピー 制作ポイント

不動産売却におけるキャッチコピーですと、どうしても企業からの一方的な視点になりやすいですが、大切なのは不動産をどこに売ろうか考えているお客様に「信頼感」を与える文言です。不動産売却はそう簡単にできる決断ではありません。ただメリットを並べるだけではなく、お客様に対する気持ちが見えると、よりよりキャッチコピーになると思います。

詳しいキャッチコピーの書き方はこちらでも紹介しています。

「プロのコピーライターにキャッチコピーを任せたい」という方、不動産売却のキャッチコピーをはじめ、キャッチコピー10案10,000円でコピーライターにお任せできます。気になる方は、ぜひ下記お問い合わせフォームまでご相談ください。

次の投稿その他の記事を読む