「めちゃくちゃ痩せるダイエット」

というより、

「1か月で3キロ痩せるダイエット」

という方が信ぴょう性が高く感じられますよね。そう、主張に説得力を持たせてくれるのは、数字です。そんな「数字」を巧みに使った名キャッチコピーを紹介します。

10秒チャージ

森永製菓の「inゼリー」のキャッチコピーです。「すばやくエネルギーが補給できる」というのを、「10秒」と具体的な数字で表すことで、コンセプトの輪郭がはっきりしたキャッチコピーになっていると思います。数字には、有無を言わせない力強さもありますよね。

やっぱりイナバ 100人乗っても大丈夫!

言わずと知れた、稲葉製作所の「イナバ物置」のキャッチコピーです。「イナバ物置は頑丈です」というのを「100人乗る」というチャレンジに変換したのが、革命ですよね。数字だけではなく、ビジュアルとしても強烈なキャッチコピーですよね。

愛しあってるのなら、0.03m/m 離れなさい

岡本理研ゴムの「スキンレススキン」(コンドーム)のキャッチコピーですね。愛のある避妊を呼びかけながら、「0.03m/m」という数字だけで、オカモトの商品力をPRする素敵なキャッチコピーですよね。数字が、その企業の代名詞になることもあるんですね。

数字は、形容詞よりも力強い主張ができる役割があります。数字で置き換えられないか考えることで、より目を惹くコピーが書けるようになるかもしれません。

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

数字に強い、コピーライターになりたい…!

次の投稿その他の記事を読む