キャッチコピー制作といっても、いきなりバンバン書き始めるわけではなく、まずはリサーチから始めます。ホームページや業界、競合についてリサーチするのはもちろんですが、その中でも「お客様のレビュー」をヒントにすることが多々あります。

「お客様は、何を期待して、その商品を選んだのか」
「お客様は、どういう悩みを抱えていたのか」
「お客様は、数ある商品の中から、なぜその商品を選んだのか」

レビューを調べることで、お客様の本音が分かり、「お客様にとって嬉しいこと=ベネフィット」が明確になってくることがあるからです。

「うちは美味しいラーメンをPRしたい」

と言っても、お客様の声が、

「ここのラーメン屋は早いからいい」

であれば、やはり後者の視点もしっかり取り込むべきだと思うんです。実際に体験しているお客様の声ほど、一番ヒントになる情報はないのではないかと思います。もし、レビューがなくても、お客様はどういったことに満足していたのか、どういった声を直接いただいたことがあるかなど振り返ってみることで、より「お客様本位」の価値が見つかり、お客様に刺さりやすいキャッチコピーに近づけるようになると思っています。

「自分が伝えたい価値」だけではなく、「お客様が求める価値」についても考えてみることで、意識してなかった新しい価値を発見できるようになるかもしれません!

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

就活の時の「自己分析」も、友達に自分のことについてよく聞いていました(笑)

次の投稿その他の記事を読む