片付けサービスのキャッチコピーを制作しました。その参考例をご紹介します。

片付けサービスのキャッチコピー

整理収納サービス「仙台スッキリお片付けhaco」様のホームページのキャッチコピーを制作しました。クライアント様から「片付け」に対する想いをヒアリングし、それをお客様に刺さるようなキャッチコピーへ調整いたしました。

片付けられる。いっしょなら。

片付けられる。いっしょなら。
片付けサービスのキャッチコピー(1)

片付けられる。
いっしょなら。

どうしても一人では片づけられない。すぐに散らかってしまう。「なんでお前は片付けができないんだ」とパートナーから責められる。自信を失ってしまった、想像以上に深い悩みを抱えた方に、救いの手を差し伸べるような優しいトーンで、いっしょに片付けを始めたくなるようなキャッチコピーを制作しました。

床も、幸せも、見えてきた。

床も、幸せも、見えてきた。
片付けサービスのキャッチコピー(2)

床も、幸せも、見えてきた。

「片づけよう」と思っても、なかなか腰が上がらない。
でも、これ以上グチャグチャな部屋を見たくない。
その悩み、話すだけでもラクになります。
私といっしょに、気持ちまでスッキリさせませんか?

床が見えないほどモノが散乱しているお客様もいらっしゃるそうです。そんな散らかった部屋を見て、ますます気分が落ち込んでしまう。そんなお客様に寄り添うキャッチコピーを制作しました。片付け後の広々した気持ちいい床を想像させるような、そんな幸せを期待していただきたけるようなキャッチコピーを狙いました。

検索しているのは、本気で片づけたいからだ。

検索しているのは、本気で片づけたいからだ。
片付けサービスのキャッチコピー(3)

検索しているのは、
本気で片づけたいからだ。

清掃業者は、たくさんある。
でも、キレイになったところで、元に戻っては意味がない。
「片づけやすい」部屋にする。
そこまで私は、お手伝いしたい。
本当に快適な暮らしが、ずっと続けられるように。

ホームページを検索してくださったお客様に直接呼びかけるようなキャッチコピーで興味を惹かせつつ、他の清掃業者サービスにはない「片づけやすい部屋」という価値を強調しました。ただキレイにするだけではなく、ずっとキレイが続く部屋にまでしたいという代表の阿部様の想いを伝えたキャッチコピーです。

なるほど。ここに置けばよかったんだ。

なるほど。ここに置けばよかったんだ。
片付けサービスのキャッチコピー(4)

なるほど。
ここに置けばよかったんだ。

引き出しの中身、開けてみるまで分からない。
それは、モノの定位置が定まっていないから。
ほしいモノが、スッと取り出せる心地よさ。
そんな快適なお部屋を、いっしょにつくってみませんか。

机の引き出しの中に何が入っているか、あなたはすべて答えられますか。僕はできません…。だから、探し物が多くなってしまうわけですよね。欲しいと思ったものが、パっと取り出せる気持ちよさまで「仙台スッキリお片付けhaco」様は提供しています。何となく決めているモノの定位置をちゃんと考えることで「暮らしやすさ」が生まれるわけですね。

片付けサービスのキャッチコピー まとめ

「片付け1つで人生が変わる」ことをヒアリングしながら深く実感させていただき、キャッチコピーに落とし込みました。キャッチコピーの書き方についてはこちらの記事もご参照ください。

「プロにちゃんとキャッチコピーを任せたい」という方、片付けサービスをはじめ、キャッチコピー10案10,000円でコピーライターにお任せできます。気になる方は、ぜひ下記お問い合わせフォームまでご相談ください。

次の投稿その他の記事を読む