ナイキの広告(ムービー)がしびれたので、紹介いたします。映像の演出、コロナ禍ならではのキャッチコピー、ブランディングにおいても参考になります。

ナイキの広告が、すごい。

「Just Do It.」というスローガンでも有名なナイキは、スポーツシューズをはじめとしたアメリカのスポーツ用品会社です。そのナイキが、2020年7月末に、NBAのシーズン再開に合わせ『You Cant Stop Us』と題した広告ムービーを発表しました。下記がそのムービーの第三弾になります。

ナイキの広告「You Can’t Stop Us」

ナイキの広告「You Can’t Stop Us」

キャッチコピーは「You Can’t Stop Us」日本語版では「私たちがひとつになれば、誰も止めることはできない。」と訳されていました。映像の広告メッセージがこちらです。

私たちは決して一人ではない
それが私たちの強みだ。
なぜなら、不安を感じたとき、
私たちはひとつになってプレイするから。
抑えつけられれば、
私たちはより遠くにより激しく進もうとする。
私たちを甘く見ているなら
間違いを思い知らせてあげる。
スポーツが状況に合わないのなら
スポーツのほうを変える。
もちろん、うまくいかないことだってある。
「世界中のスポーツ大会は延期または中止になっています」
でもそれがなんであれ、私たちは諦めない。
不条理に遭遇すれば
私たちは力を合わせて変化を起こす。
「私たちには責任がある……」
世界をよりよくするための。
どんなに状況が深刻化しようとも
私たちはいつだって、もっと強くなって帰ってくる。
なぜなら、私たちが力を合わせてできることは
何者にも止めることができないから。

2020年は東京オリンピックをはじめ、コロナ禍で次々とスポーツが中止になっていた年ですね。スポーツの一体感でコロナを乗り越えていけるような力強いメッセージを感じます。

ナイキの広告「You Can’t Stop Us」の映像演出

つい見入ってしまう、2画面を繋ぎ合わせた演出はさすがですよね。メッセージだけではなく、映像演出に置いても、スポーツの枠を飛び越えた「一体感」を感じられるような作りになっています。また、男女や障害者など様々なスポーツ選手を入れることで、よりつながりを感じられます。

ナイキの広告「You Can’t Stop Us」のすごさ。

ナイキの広告「You Can’t Stop Us」には、いったいどういう意味が込められているんでしょうか。考察してみます。

ナイキの広告「You Can’t Stop Us」のすごさ(1) 団結する理由をつくる。

ナイキのメンバーシップの広告ということで「一つになる」というメッセージにいたるのは分かりますが、「なぜ一つになるのか」という理由をつくるために「敵(コロナ)」をあえて感じさせるようなメッセージにしているのがすごいと思います。「誰も止めることはできない」の「誰も」が何を指しているかを考えたときに、おそらく「コロナによるスポーツへの打撃」を示しているように思えるんですよね。

ナイキの広告「You Can’t Stop Us」のすごさ(2) スポーツを代表するメッセージ

コロナでスポーツが打撃を食らう中、プレイヤーたちが1つになることで、スポーツ文化を盛り上げていくことが伝わってきます。もはや、シューズメーカーではなく、スポーツ文化の代名詞ともいえるぐらいのブランディングを感じました。

【広告解説】ナイキと他シューズメーカーの比較

ナイキと他のシューズメーカーで、どんなブランドの違いがあるのか記事にしておりますので、気になる方は下記ご参照ください。下記のシューズは10万円以上しました。(大奮発…笑)

ことばやさんでは、キャッチコピー10案10,000円のサービスだけではなく、動画シナリオの制作まで行っているので、興味のある方ぜひチェックしてみてください。

次の投稿その他の記事を読む