仙台で活動する、中小企業診断士をもつ経営コンサル「仙台インタラクディブディベロップメント」様のHPのキャッチコピーを担当いたしました。

https://sendai-interactive-development.jp/

「コンサルの人」じゃなくて、
「助けてくれる人」でありたい

「コンサル」というと、「偉そう」「色々言ってきそう」「上から目線」と、あまりいいイメージを持っている方は少ないようで…。仙台インタラクディブディベロップメントの代表菅原様は、本当に「真摯に寄り添う」ことが、ヒアリングからもその想いが伝わってきて、キャッチコピーを提案する際は「ただのコンサルではない」ことを伝えられる表現を狙いました。

指示するコンサルより
支持するコンサルを。

こちらも、「コンサル」のイメージを払拭させ、ここのコンサルサービスは、きちんとこちらの考えを「支持してくれる」「サポートしてくれる」と経営者様に思っていただけるよう表現しました。

経営の悩みを話せる人がいるだけで安心しませんか。

「経営課題を解決」より、まずそもそも「経営について話せる人がいる」というだけで、ホッとする経営者の方も多いのではないでしょうか。重要な判断を迫られる経営者様のプレッシャーを、少しでも和らげることもできるサービスでもあると思います。

このコピーの他にも、菅原様の想いがたくさん書かれたHPとなっておりますので、興味のある方は是非ご覧いただければと思います。

https://sendai-interactive-development.jp/

次の投稿その他の記事を読む