江東区で児童発達支援サービスを提供している「すとれいとぱぁそんず」様のHPのキャッチコピーを担当いたしました。「感情のコントロールや我慢が苦手」「集中できない/集中しすぎてしまう」「会話のキャッチボールができない」といったお子さんを抱える親御さんに寄り添った療育施設になります。キャッチフレーズは、PC版とスマホ版でそれぞれ目を引くお写真と共に3パターンずつご活用いただきました。

特別な子どもはいない。
特別な未来だけがある。

https://straightpersons.jp/

「障害が特別なのではなく、その子の未来が特別なんです」という意味です。すとれいとぱぁそんず様はその子の「個性」に着目した指導法が特徴で、その子のかけがえのない個性を引き出していきます。すとれいとぱぁそんず様の「すべての子どもが天才である。ダメな子なんてひとりもいない。」という思いをふまえ、自分の子どもの未来に期待が膨らんでいくようなイメージで制作しました。

「できた!」は心の栄養です。

すとれいとぱぁそんず様は、カリキュラムにお子さんを合わせるのではなく、お子さんに合わせたカリキュラムを提供できるのが特徴。みんなと一緒だとできなかったことも、一人一人に寄り添うからこそ、できることが少しずつ広がり、自己肯定感が高まり、成長していけます。「できた!」という感覚は、子どもを大きく育てる栄養になると思い制作しました。

まっすぐ、みらいへ伸びていく。

「すとれいとぱぁそんず」様は、社名も非常に特徴的ですよね。この「すとれいと」という意味をふまえ、真摯に子どもたちと正面から向き合っていく「すとれいとぱぁそんず」様の姿勢や、子どもをまっすぐ未来まで育てていくというミッションをコピーにしました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 54141656cda910c8412dcfcc6c77ed32-570x1024.jpg

きみらしく、
成長しよう。

他の子と同じように成長できない親御さんの気持ちをふまえ、「周りと比べるのではなく、自分らしく成長していくことが一番。すとれいとぱぁそんずは、1人1人に合わせた成長支援を行っていきます」という姿勢を伝えたコピーです

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 783a334799c0064fe65e260c0c5eeaae-561x1024.jpg

伸びしろだらけの
未来がある

子供たちの未来の可能性を「伸びしろ」という言葉で表現しました。「できない」のではなく、それは未来を楽しくする「伸びしろ」であり、そんな伸びしろがたくさんある子供たちの成長を楽しみにしていただけるようなコピーを狙いました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 287e7beda9d35f371884d4a7b9406d5e-573x1024.jpg

ココロを見つめる。
ヒントを見つける。

「すとれいとぱぁそんずは、お子さんの今の状態をしっかり見つめながら、将来の成長へ繋げていくヒントを見つけていく」という真摯な想いを、対句を使って表現したコピーです。子どもたちとしっかり向き合う、すとれいとぱぁそんず様の想いをふまえました。

運動療育によって、子どもの可能性まで大きく動かしていく「すとれいとぱぁそんず」様。もし成長が気になるお子さんがいる方は、ぜひご相談してみてください。

次の投稿その他の記事を読む