JR青梅線「東中神駅」から徒歩5分にあります、100%の井戸水を薪で沸かした銭湯「昭和湯」様の60周年ポスターのキャッチコピーを制作いたしました。そのポスターがこちらになります。

天国は、煙突の下にある。

遠くからでも分かる昭和湯様の煙突は、昭島市のシンボル。煙突は銭湯の前の工場の頃から使われていた歴史あるものだそうです。仕事や家事、子育てや勉強で疲れた時、ふと顔をあげれば煙突が見える。そしてその下には、天国のような気持ちいいお風呂が沸いていることを思い浮かべてもらえればと考えて制作したキャッチコピーです。

お風呂にも、ふるさとがある。

昭和湯様は今年で60周年。昔から変わらない煙突と、変わらない温かさが、故郷の景色や記憶としても刻まれている方も多いのではないでしょうか。また、お店の中はどこか懐かしいレトロな雰囲気も感じられ、「ふるさと」という表現がピッタリだと感じた銭湯です。

幸せを沸かして、60年。

井戸水100%で薪から沸かす昭和湯様のやさしいお湯につかりながら、ふと思ったんですよね。「ただお湯に浸かっているだけで、こんなに幸せな気持ちになるのは不思議だなぁ」と。そう考えた時に、沸かしているのはただのお湯ではなく「幸せ」そのものなんじゃないかなと思い、このキャッチコピーを制作いたしました。昭和湯様の看板ネコのこまちゃんもいい表情をしてますよねぇ。

令和になっても、
昭和の温かさをこれからも。

どこか懐かしい雰囲気まで味わる昭和湯は、ご主人をはじめ、地元の人の温かさや繋がりまで感じられました。また、昭和湯様でしか味わえない特製の珈琲牛乳も本当に美味しく、そういったサービスまで心からポカポカできる銭湯だと思いました。JR青梅線東中神駅から徒歩5分にある、煙突が目印の昭和湯、ぜひ一度癒されにきてみてください。

また、今回ポスターにも「ことばやさん」のQRコードまで載せていただいてありがとうございました。私も、お客様の心を温めるキャッチコピーが制作できるよう、精進してまいります。

次の投稿その他の記事を読む