広島県の注文住宅・ハウスメーカー「創建ホーム」様のラジオCM(60秒)のシナリオ制作を担当いたしました。CMのテーマ(キャッチコピー)は、「HOME IS 家とは、暮らしとは。」今日は3バージョン目を紹介いたします。「キャッチコピーとは何か」「キャッチフレーズの作り方」等参考にしていただけますと幸いです。

【冒険】編

男の子:

新しい家になってから、新しいことがたくさんあった。

このまえ、いつも会社にいるパパが、家でお仕事をしていた。
僕の前では優しいパパが、パソコンの前で真剣な顔になっていて、
ちょっとかっこよく見えた。

昨日は、お姉ちゃんに折り紙を教えてもらった。
家中を飛び回る、世界で1つだけの飛行機ができた。

そして今日は、キッチンで、ママとレストランを開いた。
じゃがいもの皮を一生懸命剥いて、とっておきの肉じゃがを作った。
パパもママもお姉ちゃんもたくさん食べてくれた。

さぁて、明日は、どんなことしようかなー!

NA:
家は、子どもの世界を広げる場所かもしれない。
Home is 家とは、暮らしとは。創建ホーム

YouTubeで、家中を楽しそうに駆け回る子供の動画を見たときに、普段ただ歩くだけの廊下も、子どもにとっては遊び場の1つになるのかもしれない。何気ない家の中も、子どもにとっては大きな世界として映っているのかもしれないと感じたんです。都市部では緊急事態宣言も出て、なかなか安心して子供を外で遊ばせられない今の時代。それでも、家の中でも子どもたちにとっては、いろんなことにチャレンジできる「冒険場」なのかもしれないと思い、そのことに気づかせるきっかけを作るようなストーリーを意識しました。

子供にとってワクワクする場所になるのが「家」の価値の1つかもしれないと感じていただければ幸いです。

次の投稿その他の記事を読む