広島県の注文住宅・ハウスメーカー「創建ホーム」様のラジオCM(60秒)のシナリオ制作を担当いたしました。2021年の年始より放送されております。CMのテーマ(キャッチコピー)は、「HOME IS 家とは、暮らしとは。」コロナ禍で生活が変わり、おうち時間が増えてきた今こそ、改めて「家の価値」について考えるきっかけを作るようなシナリオを4バージョン制作いたしました。どれも渾身のラジオCMなので、1バージョンずつ紹介していきます!「キャッチコピーとは何か」「キャッチフレーズの作り方」等参考にしていただけますと幸いです。

【優柔不断な夫編】

妻:

夫は優柔不断だ。

映画を選ぶのも、
お店のメニューを選ぶのも、
結婚式場を選ぶのですら、
とにかく決断するのが大の苦手だった。

そんな夫と
まさかこの家を建てられるとは
思いもしなかった。

日差しがたっぷり差し込むリビング。
家族の顔が見えるオープンキッチン。
集中して勉強できる静かな子ども部屋。

すべて夫とともに
悩みに悩み抜いて決めた家だった。

どんなに時間がかかっても
家族の幸せだけはしっかり決めたいんだと
息子が生まれた時に、夫はそう決心していた。

NA:
Home is 家とは、暮らしとは。創建ホーム

優柔不断で何かを選ぶのが苦手な夫でも、子どもや家族の幸せのために、家だけはちゃんと自分で全部決めたいというシナリオです。自分が快適に暮らすために家を創るというよりは、家族のため、子どものためにいい環境を整えてあげたいという想いで家は創るものではないかなと、お客様の声をリサーチしながら感じたことの1つでした。特に注文住宅の場合は、人から決められた家ではなく、「自分で家を決める」点でお客様の決意や覚悟を感じ、それを強調させるために「優柔不断な夫」を引き合いにしたストーリーを制作いたしました。

理想の家を考える時間は、家族の幸せと真剣に向き合う時間でもあることと、このCMを聞いて感じていただければ嬉しいです。

次の投稿その他の記事を読む