「いい言葉を提供する」コピーライターをしながら、逆にクライアント様から「嬉しい言葉をいただく」ことがたくさんあります。そこで、今日は「あぁ、この仕事やってよかった」と感動させてくれた、今年いただいたクライアント様からのお礼の言葉を紹介します。「キャッチコピーとは何か」「キャッチフレーズの作り方」等参考にしていただけますと幸いです。

頂いたキャッチコピーに
相応しい仕事ができますように
精進していきたいと改めて
覚悟いたしました。

ここまで深くキャッチコピーの価値を感じていただけたことに、感動しました。ただ「売上を上げる」だけではなく、そのコピーを見て、毎日仕事のモチベーションが上がるぐらい、人の気持ちを奮い立たせるコピーを今後も提供していきたいと覚悟した、お礼の言葉でした。

プロが紡ぎだす言葉に、言葉のもつパワーに感動しております。〇〇様、長井様をご紹介いただき、ありがとうございました。

感動していただいたことに、もう感動するばかりです。私だけではなく、私を紹介していただいた方にまでお礼をいただいたことがもう、ご期待に応えられて全身で喜びを感じました。一言だけで勝負する分、キャッチコピーのハードルはかなり高いんですが、このようなお礼の言葉は、本当に身に染みます。

こころ震えました。この言葉でご飯3杯は行けます。
ユーザーのこころを揺さぶる事ができると思っています。弊社の営業マンにもよく理解してもらって、ユーザーのこころを動かしてもらおうと思っています。

このお礼の言葉に、心震えました。新商品に対して「どう伝えたらいいか」をすごく迷われていたクライアント様だったので、それを解決できる言葉を提案できて、思わずパソコンの前でガッツポーズしました!(笑) 提案する時はいつもドキドキするのですが、こういうレスポンスは本当に励みになります。

他のクライアント様にもたくさん嬉しいお礼の言葉をいただき、「ありがとうございます」としか表現しきれないのが、もどかしいほどでした。嬉しいお言葉をいちばん貰っているのは、自分自身だったりします。来年も、もっと喜んでいただけるような言葉を提供できるように、精進していきます!

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む