最近、新しいアプリやサービスを始める際に、だいたいあるのが「入会者特典」。「初月無料」であったり「〇〇円キャッシュバック」であったり色々ありますよね。そんな中「2500円クーポン」をうまく言い換えた、「この言い方があったとは!」と思わず驚いた秀逸なキャッチコピーを発見。それはフードデリバリーアプリ「FOOD NEKO」のこのコピーです。

2500円分 ネコのおごり!

「おごり」という考え方!これは、つい惹かれてしまいました。だって、みなさん、友達が2500円分も奢ってくれたら、めちゃくちゃ嬉しくないですか?(笑) 「2500円クーポン」よりも、より自分事として共感できる言葉で、これはうまいなぁと思って、ついアプリをダウンロードしてしまいました。(ただ、世田谷区は対象外…。始めに言ってくれ…)

普段よくある定型文も、少し言い方を変えるだけで、ぐっと距離が縮まるかもしれませんね!

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む