もうすぐクリスマスですね。みなさんはいかがお過ごしですか。大学生の頃は「やばい、早く彼女を作らなくては凍え死んでしまう…」と震えたものでしたが、もう今ではもう何も動じない達観した独り身に見事成長いたしました。今日は、そんな自分にも刺さる、秀逸な恋愛系キャッチコピー10選をご紹介いたします。キャッチコピーの考え方や広告の作り方の参考にしていただければ、さいわい、で、す…。グフ…。

いい匂いがするから、もう少しギュッとしててもいい?

牛乳石鹼/宣伝会議賞協賛企業賞

みなさん、想像してください。好きな人からギュッと抱きしめられ、そして可愛い声(もしくはイケボで)このセリフを言われた時を…。「いい匂い」という商品の特性を、ここまで胸が高鳴る場面にまで発想させているのは、きっとこの作者さんがイケメンだからですね…。

彼女の前でカッコつけたくて、注文してみた。

黒霧島/宣伝会議賞通過作品

一見、恋愛とは無縁の商品「黒霧島」を、「彼女の前で注文したくなる」という価値に変換させているのは、さすがですね。「俺は酒が強いんだぜ」「俺はしぶいんだぜ」とPRする若々しい大学生の姿が、何となく想起されます。黒霧島と若い世代を繋げるようなコピーとしても機能しそうですね。

彼の紹介した漫画が、私の好きな漫画になっていた。

Hailey’s5 Cafe/宣伝会議賞通過作品

漫画喫茶のカップルシートで、彼氏が彼女に漫画を勧めたんでしょうか。そして二人で一緒のマンガを見る。そして二人の距離は縮まり…、はい、もうこれアウトですね。と冗談はさておき、漫画って人に勧めたくなるのも共感できますし、漫画を通してコミュニケーションが生まれる価値も見出してますし、何より「漫画喫茶デート」を羨ましくさせるコピーになってますね。

寄り添いたくて、スマホで観ることにした。

Video Market/宣伝会議賞通過作品

スマホでドラマや映画が見れるサービスを、ここまで二人の距離を縮める使い方に変換させるとは…。小さい画面だからこそ、距離が縮まるってか。かー!テレビで見ろ!テレビで!これはもう黒霧島を飲むしかない…。

1秒でも長く、カレに部屋にいてほしいから。

シャルダン/宣伝会議賞通過作品

「1秒でも長く」が、彼氏への愛を強調させる前文になっておりますねぇ。さりげなく、人が部屋に招くシチュエーションを伝え、自分の部屋の匂いを気にさせるような効果も、この甘いコピーから感じられます。意外と自分の部屋の匂いって分からんですよね。怖い怖い。

会話がなくても彼女との距離が縮まった

HELLO CYCLING/宣伝会議賞通過作品

これは、そこまであざとくなくて好きです。確かに一緒にサイクリングを楽しむだけで、すごい緩やかな幸せが伝わってきます。サイクリングデート。アクティブな恋人同士ならありなのではないでしょうか。私はふくらはぎがつりそうですが…(笑)

くそう、ケンカ中の彼氏に、378円で買収された。

ショーコラ/宣伝会議賞通過作品

かわいい…。「チョコ」という日常の商品に「買収」という大袈裟な言葉を使うのギャップが、たまらんですよねぇ。本当は仲直りしたくないのに、ついついチョコをもらってしまう、そんなツンデレ的な可愛さも伝わってきて、味わい深いですねぇ。

肩まで浸かって、結婚を決めた。

バスクリン/宣伝会議賞通過作品

これはいいですよねぇ。イメージがスッと浮かびます。彼からのプロポーズ、嬉しいけど、でも前に進むことに不安な彼女が、風呂場でゆっくり考えて、決心する様子が浮かんできます。バスクリンが人生の決断まで支えているところまで自然に描いているのがすごいなぁ。

あ、同じ絵で止まってる。

三菱一号館美術館/宣伝会議賞通過作品

一人でじっくりみるイメージがある美術館も、恋人とくると「同じ感性」だった嬉しさまで味わえるのかと、このセリフで気づかされますね。もしくは、「あ、違う絵で止まってる。」でも、違いを楽しめてこれはこれでいいですよねぇ。こちらは恋人のコピーとは限りませんが、ちょっと美術館デートをしてみたくなりますねぇ。

恋が終わると少し儲かる

メルカリ/宣伝会議賞通過作品

最後は、失恋のコピーでしめていきます。これは、元カレがくれたプレゼントなどを、打っているのでしょうか。「失恋」も、こう考えると、なんかちょっぴりお得に感じてくるかもしれません(笑)

みなさん、ぜひ、温かいコピーと共にクリスマス楽しんでください(^-^)

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む