なんで最近キャッチコピーじゃなくて、日常のことを書きはじめたのかというと、こういう人生体験をちゃんと残しておきたいなと思ったからです。コピーライターは、言葉と向き合うだけではなく、色んな体験を重ねることも必要だと思ったんですよね。その体験が、どのキャッチコピーに生きてくるか本当に分からないので(笑)

商品コピーは、商品のことを調べれば、みんなある程度のキャッチコピーは書けると思うんですよね。でも「自分の体験からくるキャッチコピー」は、考え方や作り方においても、誰にも書けない秀逸なキャッチコピーになると思うんです。なにより「体験」が含まれているので、納得感もある。だから、ただパソコンでカタカタ打ち込んでいるだけは、よろしくないと気づいたんです。

とはいっても、不動産のキャッチコピーを書くからといって、いきなり家を買うなんてできないし、車も簡単に買えない。でも、身の回りで気になっていることは、損得ぶっ飛ばして、まずは一度「やってみる」という体験は積極的にやっていこうと思ったわけです。

ただ体験するだけではなく、それを見てどう思ったのか、どこがいいと思ったのか、どこが微妙だと感じたのか、それをしっかりアウトプットすることで、だんだん気持ちに繊細になり、いわゆる「インサイト」のセンサーの感度を高められるのではないかと思ったんです。

とうわけで、皆さん、

なんかお勧めしたい趣味などあったら、教えてください!!(笑)

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む