あまり凄さの伝わってないヴィレバンのキャッチコピーを、凝りもせず紹介していきます。店内でキャッチコピーを検索していると、こんな広告がありました。

まず、この商品の元々のコピーを見ていきます。

あわわ ルピエ

センシティブ ソール ウォッシュマット

足に密着3D立体設計
シルクのような肌触り
豊かな泡立ち
足元毎日清潔に

「…いや、結局、何の商品!?」と、僕は思ってしまいました(笑) 色々良さそうなことは書いてあるけど、あんまり伝わってこないキャッチコピーなんですが、それを、この一言ですべて解決してますよね。

足もちゃんと洗ってる?

このキャッチコピーの考え方や作り方で、秀逸なのは

①足を洗う商品だとはっきり分かること
②足をちゃんと洗ってなかった人に刺さること

シンプルに見えますが、この一言って結構重要だと思います。多分、このPOPがあるかないかで結構大きく売り上げも変わりそうですよねぇ。キャッチコピーとは、見た瞬間にメリットが分かるもの、ということがはっきり分かった、ヴィレヴァンの広告でした。

次の投稿その他の記事を読む