昨日に引き続き、ヴィレッジヴァンガードで、キャッチコピーを検索していたら、こんな広告がありました。

洒落てるスパイス並べたい。

これ、ただの調味料置き場ですよ!それがこういう「理想の使い方」をキャッチコピーで提案することで、一気に「インテリアグッズ」に早変わりするのが、秀逸ですよねぇ。キャッチコピーとは、本当その商品を新しいジャンルに早変わりさせる効果があると思います。

毎朝カギが見つからず
遅刻ギリギリになってしまう
あなたに。

もはや、元々書いてある商品コピーよりも、断然にメリットが分かりやすい「課題解決型」のキャッチコピーの見本ですよねぇ。ただのカギがかけられる道具じゃなくて、「遅刻を防ぐ」ところまで伝える考え方や作り方は、本当見事だなぁと思います。

自炊がはかどる

このキャッチコピーを見るだけで、「キッチン用具を並べて、自炊でもしてみようかな」と思わせる効果があります。すごいシンプルなんですが、ちゃんとどういうメリットがあるのか、分かりやすく商品を「翻訳」しているんですよねぇ。

商品の見方を一気に変える効果がキャッチコピーにはあると気づくPOPが、ヴィレッジヴァンガードにはたくさんありました。

次の投稿その他の記事を読む