キャッチコピーを検索していたら、今から3年前の広告でこのようなポスターを見つけました。

福岡県のDV防止啓発ポスター

愛情がズレただけ?いいえ、それは暴力です。

秀逸なキャッチコピーとイラストだと感じました。「DVを減らそう」と口うるさく伝えるのではなく、「DVではなく、愛のあるしつけだと思っている」という言い訳からしっかり向き合い、それに分かりやすく「おかしい」と伝えられているキャッチコピーだと感じました。このまたPOPなイラストが、よりDVの悲痛さをうまく表せていますよね。

キャッチコピーとは、単体ではなく、しっかりとビジュアルと組み合わせることで、より心に響く言葉に変わっていくし、また広告企画における作り方や考え方のヒントにもなると気づかれた、広告でした。

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む