色々キャッチコピーを検索していたら、面白い脚立の広告を見つけました。

軽いを
ナメルな。

「軽い」と「ナメる」という組み合わせもインパクトがあってかっこいいキャッチコピーですね。ただの軽い脚立と思われないような、制作過程での努力まで感じさせるようなキャッチコピーになってると思います。これ、キャッチコピーだけではなく、ボディコピーもいいんですよね。尼崎インターの渚さんの想いが書かれています。

芸人になったのは、勉強したくなかったから。
これ伝えたら、「軽い」って言われる時がある。
でも、重い気持ちやったら、やめてたかも。
13年やってるけど、めっちゃ楽しいもん。
軽いって、強いわ。
脚軽も、軽くて丈夫な脚立って聞いた。
え、10分に1台売れてんの?
やっぱ、軽いって、強いわ。

「軽い」というただの機能に、こういうストーリーを付けることで、「軽い」の見え方が変わってきますよねぇ。商品のブランディングの成功事例だと思います。普通は「何グラム軽くなった」とかPRしたくなるところを、「人生エピソード」を掛け合わせている考え方や作り方は勉強になって、本当秀逸なキャッチコピーですよねぇ。「軽い」という言葉に、渚さんのエピソードで、箔をつけているような感じがしますね。

キャッチコピーとは、ただ機能そのものの訴求だけではなく、機能の見え方まで変えるほどの、ブランディングもできる強さを持っていると、気づかされた制作事例でした。

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む