検索をしていたら、JR東海が、13年ぶり新幹線をフルモデルチェンジしていたことを発見。その名も「N700S」。ただ、このコロナ禍の中、新幹線をどう広告していくか、この状況で刺さるキャッチコピーとはなんなのか、非常に難しいですよね。JR東海は、このようなシリーズCMを答えを出していました。

その先の、笑顔へ。

というキャッチコピーもいいんですが、途中のナレーションのキャッチコピーも好きなんですよね。

あなたの想いに
応えることができる
その日のために
新幹線は進み続けます

孫と画面越しで話すお爺ちゃん。温泉のパンフレット眺める女性。一人バスケをする少年。このみんなが抱えている不満を、一気に新幹線がぶっ飛ばして希望を与えていく爽快感が、クイーンのBGMとマッチして、見るだけで気持ちいいんですよねぇ。そして、第二弾のCMがこちら。

Don’t Stop JAPAN

やるべきことがある
いくべき場所がある
だから、新幹線は進むんだ

元気が出てくるかっこいいキャッチコピーですよね。CMを見ると、第1弾で登場したお爺さんが孫と星空を見に行ってたり、女性が実際に温泉旅行に行っていたり、バスケ少年が友達と新幹線に乗っていたりと、「自由に行動ができる日」の世界を描いているように思えます。明るい未来を期待させるような考え方や作り方をしているように思えます。

コロナ禍の中で、どう広告を出していいか悩む企業や人に、ヒントになるような事例かなと思いました。

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む