国内累計500万台を突破した、今や知らない人はいない「あつまれ どうぶつの森」のCM、見たことがありますか? 

ゲームの魅力を説明しているのではなく、「家族とのいいコミュニケーション」を描いているCMになっております。もしこれが、

男子中学生がテレビの前でワイワイするCM。

だったら、どうでしょうか。ゲームの楽しさは伝わるかもしれませんが、きっとお母さんからは、こう思われてしまうでしょう。

もう、勉強させなきゃいけないのに、こんなCM出さないでよ!

財布のヒモを握っているのは、ママです。なので、「このソフトがいかに素晴らしいか」をママに伝えなくてはいけないですよね。そういう視点で見てみると

ママも一緒に楽しんでゲームをする。
お菓子作りを手伝う女の子。
ちゃんと夜はゲームをせずに眠る女の子。
メッセージやアイテムで、家族の絆が深まるオチ。

全て、「ママ」に好印象を残すための仕掛けが、すごい見えてきますよね(笑) 「商品の魅力を伝える」のではなく、「商品を通していい関係を築かせてくれる」発想は、キャッチコピー制作においても、秀逸なキャッチコピーを生むためのいい考え方になると思います。

また、「娘と仲良くなりたいパパ」に対してもアプローチしていると思いますね。子どもではなく、親に向けたCMというのが、伝わってきます。

ちなみに、もう1本CMがあります。

こっちは、さきほどのCMとは違って、ゲーム画面しか見せてないCM。何を伝えたいかは一目瞭然です。

コロナで夏のイベントを楽しめない人に、
どうぶつの森で楽しんでもらう。

というメッセージがあると思います。キャッチコピーがないのは、もう余計なキャッチコピーがなくても、その楽しさが十分伝わってくるからかなと思いますね。こういうゲームで季節広告っぽく宣伝できるのは、秀逸な発想だなぁと感じました。

ちなみに、そんな「任天堂 SWITCH」のキャッチコピーは、

 

いつでも、
どこでも、
誰とでも。

 

綺麗な対句のキャッチコピー!場所を問わず、いつでもみんなと遊べる楽しさが、本当「どうぶつの森」からも感じられますよねぇ。って書いてたら、欲しくなってきました(笑)

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む