キャッチコピーの考え方におけるTipsを紹介していきます。「キャッチコピーとは何か」「キャッチコピーの作り方」「面白いキャッチフレーズ」等参考にしていただけますと幸いです。

人と人をつなげる

ごめんは、書いた方が効く。

PILOT

父親の靴を直したら、
翌朝、嬉しそうな足音がした。

セメダイン「シューズドクターN」/第57回宣伝会議賞 協賛企業賞

走れ、母のお腹を蹴っていたその足で。

サッポロビール 箱根駅伝予選会特別版

商品の魅力を表現するのではなく、その商品を通して、ある人とある人を結び付けられないかを考えると、エモいコピーが生まれやすいです。PILOTは、何かしてしまった人と、何かされた人。セメダインは、父と娘。箱根駅伝は、選手と母親。だれかとだれかの関係を、その商品でよりよくできないかを考えることで、新しい発想が出てくるかもしれません。

次の投稿その他の記事を読む