このCM、みなさんも一回は見たことあるのではないでしょうか。

コロナ禍で、もういまや知らない人はいない、フードデリバリーサービス「Uber Eats」のCMですね。そのキャッチコピーが、

CMのはじめに出てくるキャッチコピーですね。なぜこのようなキャッチコピーを付けたのか、その考え方について、考察してみます。

 

「今夜」

 

Uber Eatsは、朝も昼も夜も注文することが可能です。そのなかで、なぜあえて「今夜」と時間を指定したのか。それは、

「注文単価を上げたい」
(ファーストフードだけ利用する人を減らしたい

UberEatsは、知名度も上がり、注文者数もどんどん増えていく今、課題は「単価」ではないかと思ったんですよね。一番がっつり食事を楽しみたいと思うのは、やはり「夕飯」。だから「今夜」と出だしのキャッチコピーを絞ったのかなと思いました。そして、

 

「私が頂くのは…」

 

CMを見ると、注文しているのは「マック」でも「吉野家」でもなく、「ブルーチーズバーガーにハラペーニョトッピング」「自然食弁当」なんですよね。そこらへんではなかなか食べられない、美味しそうな「こだわりの逸品」のあえて選ばせているように思えます。

このキャッチコピーから、「買いに行くのが面倒くさいからUberEatsを頼む」という人から「食を楽しみたいからUberEatsを頼む」という人を増やしたいのかなと感じました。だから「食べる」ではなく「頂く」という畏まったキャッチコピーにすることで、「ごちそうを頼もう」というメッセージを持たせたかったのかなと感じました。

単価を上げるほかに、飲食店側の視点からも、「ファーストフードだけに一極集中させない」という目的もあるのかもしれません。

何気なく見る広告のキャッチコピーも、その考え方や作り方を想像するだけでも、CMの表側とは違った、企業の想いを汲み取れるかもしれません。

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

次の投稿その他の記事を読む