近所のセブンイレブンにシバモトさんという店員さんがいるのですが、シバモトさん

フランクに話しかけてくれるんですよね。

こう、美容師とかバーの店員だったら話しかけてくれるのはまだ分かるじゃないですか。セブンイレブンでまさかそういう店員がいるのがすごい新鮮すぎて、驚きました。

一回マイナンバーカードを印刷してたときに、コピー機にそのまま忘れちゃったことがあったんですよね。それを急いで取りに行ったときに、「あ、こちらですね」で終わるかと思いきや

「あー、来ていただいてよかったです!」
「結構忘れちゃいがちですよね!」
「次から気を付けてくださいね!」

と本当に友達のように話してくれる感じに、一気にネームプレートを見ちゃいましたねぇ。そのやり取りをふまえて思ったのが、

一言付け加えるだけでも、大きなサービスになる。

コンビニは「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」「お弁当温めますか」しか聞かないものだと思っていたからこそ、そういうマニュアルではなく「自分のために」向けてくれた言葉って、すごい残るんですよね。

これはコピーも同じだ!

何となく聞こえのいい言葉ではなく「あ、自分に話してくれている」って思わせるだけで、大きなサービスになるというのは、なんだか発見でした。シバモトさん、気づかせてくれてありがとうございました。あとマイナンバーカードあってよかった…(笑)

次の投稿その他の記事を読む