第15回SBSラジオCMコンテスト、電器堂様のラジオCMで、特別賞審査員をいただきました! 下記がその作品になります。

男A:ねぇ、今日残業できない?
男B: 無理っす
男A:そこを何とか
男B: 無理っす
男A: いや、ちょっとだけでも
男B:無理っす。じゃあ、帰りますね
男A:ちょっと、太陽さん!
NA:太陽は残業できない。だから私たちがいます。電器堂

http://www.at-s.com/e/cm2021/aw_denkido.html

審査員様からのコメントもいただきました!

普通の人の会話だと思っていたら、会話の相手が太陽でしたという、ちょっとそこにかなり飛躍があるのですが、その飛躍が面白いなと思いました。太陽としゃべっているんだけど、太陽に残業してくれとしゃべっている、で残業は嫌だと太陽は沈んでいくという話なのですが、なかなかそこの発想が大胆で良いなと思いました。

この課題を見たときに、まず社名が特徴的だと思いました。「電器堂」。非常にシンプルで分かりやすく、「電気全般をすべて支えている」が感じられます。そういったイメージから、細かいサービス紹介ではなく、大きな視野で訴求してもいいんじゃないかと思い、「太陽の代わりになれる」というコンセプトから生まれたラジオCMです。あとは、「太陽って、とにかく定時を命よりも大切にする社員と似ているな」という気付きを、そのままキャッチーに表現しました。

もちろん、こちらの賞もいただいたことも嬉しいのですが、実はこれで終わりではなく、こちらのコンテストで協賛企業賞をいただいた加藤さん(秋さん)と、SBSラジオCMコンテストとも関連しているお仕事があり、こういったご縁は本当に嬉しい限りです!4月にそれを発表できると思うので、ぜひお楽しみに!(^^)/

次の投稿その他の記事を読む