Twitter上で「今日の広告」というのを毎日掲載しています。コピーライターの自分が「お!」と思った面白いコピーや名作をアップ。今回もその一部を紹介していきます。「キャッチコピーとは何か」「キャッチコピーの作り方」「面白いキャッチフレーズ」等参考にしていただけますと幸いです。

いってきます!をすべての人へ。

外へ出かける、という幸せを、
取り戻せていない人がいる。

誰も予想しなかった日常の中で、私たちは、気がついた。
外へ出かけられることは、とても幸せなこと。
行きたいところにいけるのは、とてもても、幸せなこと。
それは、目の見えない人、見えにくい人とっても同じです。
日本盲導犬協会は、盲導犬や白杖の歩行指導を無償で行っています。

「外へ出かけられる、という幸せ」
今だからこそ、みんなが共感できるメッセージですよね。その幸せを目の不自由な人にも届けるために、盲導犬協会は活動しているという展開が見事です。こういうメッセージって、「目の見えない人に配慮してね」と押しつけがましくなる可能性を秘めていて結構難しいと思うのですが、みんなが共感できるかたちでうまくまとめています。

ボクたち、ロトもだち。

さ、がんばロット!
今日はいいことあるかな、なんて。

上はコロナ前、下はコロナ禍の「LOTO」の広告です。みんなでワイワイ楽しむコロナ前の広告に対して、色々不安がある中で少しでも前向きな気持ちにさせたいというコロナ禍の広告へ、トーンが大きく変わっていますね。同じ「ロト」という言葉を掛け合わせたコピーですが、時代によって伝え方は大きく変わっていくんですね。

健康にアイデアを。

明治のスローガンが、今年6月に刷新されてました。 それまでは「明日をもっとおいしく」でしたが、「健康」がスローガンにも入ってくるのは今の時代ですね。市場にたくさんある健康食品の中でも、明治だからできる新しい健康食品を届けたいという意思が感じられます。

自由にひやかして下さい。

少し入るのに勇気がいる楽器屋さんですが、このメッセージがあるだけで、どんなお店か覗いてみたくなってきますよね。個人商店って、若干一見さんが入りにくい印象があるのですが、こういうコミュニケーションが安心感をもたらしてくれますね。店主のキャラまで一気に伝わってきます。

しあわせぞくぞく(ローソン)
続々増量!(ファミマ)

スイーツやヘルシー路線の「ローソン」と、ファミチキサンドなどガッツリ食べたいという人の「ファミマ」の色の違いが明確に出ている広告ですね(笑) 同じ「ぞくぞく」でも、こんなにトーンが変わってくるとは…。広告1つで、その企業の方針が見えてくるのが、面白いですよね。

「今日の広告」では、気になった広告コピーや過去の名作を紹介しています。もしよかったら、フォロー宜しくお願いいたします!(*^^*)
https://twitter.com/hihiuma_copy

次の投稿その他の記事を読む