今年も「販促コンペ」挑戦しましたあああああああ。

普段キャッチコピー(キャッチフレーズ)ばかり書いている自分ですが、本当に「面白い企画」の作り方がどうも苦手…。だって過去の受賞作品、みんなアイデアもデザインも洗練されてて、企画書っていうか、もはや名作で、本当面白い。なんで書けるの。どうやって書くの。考え方も作り方も全然湧かなかったのですが、ようやく今年、かすかにコツを掴んだ気がします。

試した手法はその名も…。

小林製薬メソッド!

小林製薬のCMって例えば、

「カカトが擦り剝けて痛い」(課題)
→「そんな時はナメラカカト」(解決策)
→「張るだけでカカトがツヤツヤに!」(説明)

みたいな分かりやすい構成ですよね。これをめちゃくちゃ意識してみたんです。今までは「企業の課題を解決しよう」となっていたんですが、今年は「生活者の悩みを、商品+αで解決しよう」ということをすごい意識したんです。そしたら、企画書に軸ができて、すごい書きやすくなりました。

とはいっても、まだまだ地味なアイデアだし、細かいところが突き詰められていないところもたくさんあるんですが、少しだけ企画を考えるのが楽しくなりました(笑)

よし、来年リベンジするぞー!(もう諦め…笑)

次の投稿その他の記事を読む