みなさんの好きな食べ物はなんですか?おいしいものを食べると、お腹だけでなく心も満たされますよね。というわけで、今回は食べ物のキャッチコピーを10個紹介します。読む人の食欲を刺激するキャッチコピーの作り方や考え方を勉強していきます。

【1】愛は食卓にある。

ひとりで食事をするとき、
あの人がそばにいたらと思いませんか。

ひとりで食事をするとき、
誰かのために料理したいと思いませんか。

ひとりで食事をするとき、
それは、ただ食事をするという行為だと思いませんか。

家族、食育。平和。

愛は食卓にある。キユーピー

キユーピー(マヨネーズ)/2008

「キユーピー3分クッキング」でおなじみ、キユーピーのキャッチコピーです。一人で食事をするシーンを描くことで、愛を浮き彫りにしているようなボディコピーになっていますよね。キユーピーは食育を通じた社会への取り組みを積極的に行っており、食の楽しさを大切な人と分かち合ってほしいという想いを「愛は食卓にある。」というメッセージに込めています。なんだか、手料理が恋しくなってきました。

【2】文化をつくるのは、いつだって新しい価値観の持ち主だ。

チョコレートがうらやましい。
2月14日は全国的にも冷えのピーク。
どう考えてもチョコレートよりどん兵衛の方があったまるし、
男子はもらって嬉しいはずだ。
それなのに、バンレンタインデーに
どん兵衛を贈る女子は少ないという。
そもそもバレンタインデーに贈るものはチョコレートと
いったい誰が決めたのだろう。(どうせMといったところか…)
近頃えは「義理チョコ」ならぬ「義務チョコ」
なんて言葉も生まれているそうで。
そんな無理してチョコレートをあげるくらいなら
気軽にどん兵衛をあげてはいかがだろう。
「バレンタインデー=チョコレート」という古い価値観を脱ぎ捨てて
どん兵衛と新しい文化をつくろうじゃないか。

バレンタインデーには、どん兵衛を。
文化をつくるのは、いつだって新しい価値観の持ち主だ。

日清食品(どん兵衛)/2016

どん兵衛といえば、カップうどん。常識的に考えたら、バレンタインのプレゼントに選びませんよね。でも、「文化をつくるのは、いつだって新しい価値観の持ち主だ。」というクリエイティビティをくすぐるコピーが、「バレンタインデーにどん兵衛、面白いかも」とその熱におされるような提案になっている気がします。一見、自社商品と関係ないイベントでも、キャッチコピーを工夫することでビジネスチャンスになることを教えてくれる好事例です。まぁ、どん兵衛をプレゼントして恋愛が成就するかは分かりませんが(笑)

【3】ヘルシーを、やみつきに。

ヘルシーな生活って、ガマンをするイメージがありませんか。
食事を厳しく制限したり、まいにち決められた運動をしたり。
難しそうで、ワクワクしない。
でも、本来、健康は、人生を豊かにしてくれるはずのもの。
ゼスプリでは、ヘルシーな生活を、もっと自由にしたいと考えます。
おいしかったり、ワクワクしたり、かっこよかったり、セクシーだったり。
そう、ヘルシーが、やみつきになってもいいのです。

Zespri(キウイフルーツ)/2020

キウイって美味しいですよね。しかも健康にも良いとなると、もっと食べたくなります。日本人は真面目な人が多いので、ヘルシー=大変というイメージを抱きがちですが、キウイフルーツを食べることで、無理なく健康習慣を続けてほしいというZespriの想いが伝わってくるキャッチコピーです。

【4】迷うって、青春だ。

青春の味はあの頃のままか、それとも甘酸っぱいのか。

マクドナルド(チキンタツタ)/2021

不朽の名作「タッチ」をモチーフにしたCMが話題になりましたね。「チキンタツタ」と「チキンタツタ瀬戸内レモンタルタル」をヒロインの南ちゃんがどちらを選ぶのか…定番のチキンタツタを「あの頃のまま」、新フレーバーの瀬戸内レモンタルタルを「甘酸っぱい」と表現することでハンバーガーの特徴をうまく表現しています。

【5】こころ、すくう、スープ。

ピエトロは、「かける」ことが好き。
サラダにドレッシング、パスタにソース。
そうして、こころに魔法をかけてきた。
つぎは、どんなしあわせをつくろう。
スープはすくう、ものだから。
みんなをもっと、元気にできる。

さあ。腕によりをかけて。
私たちのはじまりだった
1軒のレストランのやり方で心得た
直火の良さも、調理方法もそのままに。
手間ひまも、愛情も、たっぷりかけて。
まごころのスープじゃなくちゃ、
シェフたちの「ん、いける!」が
なくちゃ、こころを元気になんて
できないと思うから。

ピエトロ(PIETRO A DAY)/2019

ピエトロはドレッシング、パスタソース、スープで有名ですが、もともとは1軒のレストランから始まりました。PIETRO A DAYもレストランシェフのこだわりが詰まったスープなので、“手間ひま”、“愛情”というワードを使っています。また、スープを飲んで元気になってほしいという想いを「すくう(救う)」というワードで表現しているのだと思います。とても心が温まる素敵なキャッチコピーですね。

【6】考える人にとって、栄養は味方だ。満腹感は、敵だ。

考えつづける人にとって
栄養は、味方になる
満腹感は、敵になる

KEEP THINKING.
バランス栄養食
カロリーメイト

大塚製薬(カロリーメイト)/2019

朝ごはんにも、おやつにも、夜食にもピッタリのカロリーメイト。わたしも仕事中によく食べます。なぜ仕事中に食べるのか考えてみると、ガッツリ食べると眠くなって集中力が落ちるので、カロリーメイトがちょうど良いんですよね。仕事や勉強などに勤しんでいる人のことを“考える人”と表現し、“栄養は味方”、“満腹感は敵”と反対語を使うことによって、カロリーメイトを食べるシーンがイメージしやすくなっています。「考える人」というターゲットに響く、優れたキャッチコピーですね。

【7】いままでごめんね、チョコレート。

そう、チョコレートは誤解されていました。
実は、高カカオチョコレートは低GI食品!
糖質の吸収がおだやかだから、
健康に関心のある方へおすすめの食品なのです。
何十年も「チョコレートは明治」と言ってきたのに、
そんな、チョコレートの意外な一面を
伝えることを怠っていました。
本日、明治は、チョコレートにお詫びします!
そして、その真実を伝えていくことを誓います。
そう、チョコレート!きみのチカラはすごいのだから!

明治製菓(チョコレート効果)/2019

チョコレートの新たな価値を、チョコレートに対するお詫びを語ることでキャッチーに可愛く伝えている優れたキャッチコピーです。「チョコレート効果」はチョコレートを食べて健康になろうというコンセプトの商品なので、健康を気にする人にとっても、チョコを食べ続けてほしいという想いが詰まっていますね!

【8】流行るより、愛される味を。

いろんなものがバズっては、
その時代の役目を終えていく。
でも、愛され続けるものは、
ずっと変わらずそばにある。

日清食品(チキンラーメン)/2016

チキンラーメン58周年を記念したキャッチコピーです。一時的な流行(バズり)を狙った企画が増えていますが、やはり長く愛されるものが良いよねというメッセージが伝わります。チキンラーメンはインスタントラーメンの元祖的存在で長く愛されている商品なので、より説得力がありますよね。

【9】つまらない大人になりましょう。

お通じを良好に保つために、
あなたのビフィズス菌を増やす、
おいしいトクホ食品です。

明治乳業(毎朝爽快)/2009

一般的に“つまらない”という言葉はネガティブなイメージで使われますが、「毎朝爽快」はおなかの調子を整えるトクホ食品なので、なるほど!と膝を打ちました。まさに1行で予想を裏切る、秀逸なキャッチコピーですよね。

【10】見せてやれ、底力。

見えないものと
闘った一年は、
見えないものに
支えられた
一年だと思う。

大塚製薬(カロリーメイト)/2021

受験シーズンを終え、志望校に受かった人もいれば、残念な結果になった人もいると思います。世の中が大きく変化したなかで、受験という闘いに挑んだ受験生と先生たちの絆を“底力”という言葉で表現しています。まだまだ見えないものとの闘いは続きますが、このキャッチコピーを思い出し、力を合わせて乗り越えていきましょう!

食べ物のキャッチコピー、いかがでしたか?長く愛される食品のキャッチコピーが多くあり、とても勉強になりました。

次の投稿その他の記事を読む