春になり、初々しい新社会人を街で見かけるようになりました。彼らのフレッシュな姿を見ると、なんだか心がほっこりします。というわけで、今回は求人・採用にまつわる名作キャッチコピーを10個紹介します。優秀な人財を惹きつける、キャッチコピーの作り方や考え方を勉強していきます。

【1】その生き方に、正義はあるか?

私たちが考える【正義】とは、自身が正しいと思うことに突き進み、
成し遂げるための原動力となるもの。

エン・ジャパンでは、社員ひとりひとりが自身の正義を掲げ、
多種多様な商品・サービスを持って、実現したい夢や目標に向かっています。

エン・ジャパン/2020

背筋が伸びるような、芯をもって応募したくなるようなキャッチコピーですね。夢や目標に向かい、自分なりの正義をもって行動することが大切であり、そのような仲間と働きたいと思わせてくれるような名作です。

【2】はたらいて、笑おう。

はたらくことは、生きること。
はたらき方は、一人ひとり違うもの。
だから、自分の“はたらく”は、自分で決める。
すべての“はたらく”が、笑顔につながる社会を目指して。

PERSOL(パーソル) /2019

こちらは、労働者派遣「PERSOL」のグループビジョンですね。「はたらく」ことが、いつの間にかネガティブな意味合い、義務感、犠牲感のようにうつっていることに気づかされ「確かに、働いて笑うって、すごいいい生き方かもしれない」とシンプルなメッセージが人の心を惹きつけます。人生において働くことは大事な要素。どんな働き方をしたいかについて、しっかり考えてみたくなるような名作だと思います。

【3】やれるもんなら、やってみよう。

「ま、なんとかなるでしょ」「焦んなくても、まだ大丈夫」。
ちょっと景気が回復したからといって、
就活の楽観ムードにはご注意を。働き方は、生き方。自分と合う、一社と出会うことが大切です。
やれるもんなら、なんでも早めに。会社を、社会を、そして自分を、時間をかけて知りましょう。
マイナビは多彩なコンテンツとサービスで、一人ひとりの就活をサポートします。

マイナビ(マイナビ2017)/2015

内村光良さんがイメージキャラクターになったマイナビの広告ですね。どうも就活となると、行動しなくてはと思いながらも腰が重くなりがちですが、この広告を見て前向きに就活に取り組めた学生さんも多いと思います。早めに行動することで、大切なことに時間をかけて取り組むことができると、就活生の背中を押してくれるような広告になっている気がします。

【4】その経験は味方だ。

バイトを始めたら知らないことばかりだった。
このバイト好きって思える時もある。
不安になる日もある。
今でも時々自分は何に向いているんだろうって思う。
任されることが増えた。
自分なりに動いて、失敗もした。

その経験は味方だ。

リクルート(タウンワーク)/2014

みなさん、初めてのバイトは何でしたか?仕事の面白さを感じたと同時に、社会の厳しさも知ったのではないでしょうか。このコピーは、そんなバイトに励む人たちに「今の経験はいつか自分の味方になる」という応援のメッセージですね。そういえば、お世話になったバイトの先輩たちは元気にしているかな。

【5】私の武器は、今まで生きてきた時間です。

就活用の私なんて、いない。
ウソはヘタな方がいい。
ここにいる私が私。
就活に、自分らしさをプラスする。

DISCO(キャリタス就活2017)/2015

就活では少しでも自分をよく見せたい気持ちはよくわかります。でも、これから夢やビジョンを共に目指す仲間になるのであれば、等身大の自分で企業と向き合いたいものです。今までの人生を肯定し自信をもって就活に臨んでほしいという、強く優しいキャッチコピーです。

【6】どうなるかじゃない、どうするかだ。

「こうなればいいのに」と願うだけでは、決して世界は変わらない。
なりゆきに身を任せてはいないか。
現実に立ち向かっているか。
自分が信じた道を貫き通しているか。
みちのりは険しく、正直、きつい。
けれど、自ら抱いた夢を実現するのは、
他の誰かじゃなく、自分でありたい。

私たちは知っている。
その熱意こそが、世界を変える原動力となるということを。

本田技研工業株式会社(Honda) /2014

日本のモノづくりをリードしてきたHondaの新卒採用スローガンです。今までにないものを創り上げるのは並大抵なことではないと思いますが、その困難を幾度なく乗り越えて成功を手にしてきたHondaだからこそ、優秀な人財が多く集まるのでしょう。「私たちは知っている。」の一言に心を突き動かされますね。

【7】世界は、まだまだ、つまらない

ドコモ=携帯電話だと思っていないか?
モバイル×医療・金融・農業・・・ドコモの可能性は無限大。
世界は限りなく広くて、呆れるほど多様で、まだまだ足りないものがある。
ドコモは「新しいコミュニケーション文化を創造」する会社。
未来のアタリマエを創るため、新たな夢に向かってチャレンジし続けている。
世界は、まだまだ、つまらない・・・だからこそ、まだまだ、オモシロクできる!
人の生活をより豊かにするために、ヒトやモノ、あらゆるものを繋ぐ「コミュニケーション」を通じて、世界にイノベーションを起こしていく。
夢を実現する舞台がドコモで見つかるはずだ。一緒に世界を変えて行こう!

NTTドコモ(docomo)/2015

スマートフォンの普及によって、だいぶ世の中が変わったという印象を持っていましたが、「世界はまだまだつまらない」という表現はインパクトがありますね。ドコモが描いている世界はもっと壮大で、もっとできることがあるのだと、大きな期待感を感じました。ビジョンで人を惹きつける、素晴らしいコピーだと思います。

【8】オッサンも変わる。ニッポンも変わる。

いつからだろう。会社への足取りが重くなったのは。
いつからだろう。終わりから考え出したのは。
いつからだろう。自分に期待しなくなったのは。

思い出してみませんか。

初めてスーツに袖を通した、あの感覚を。
ただただ走り回っていた、あの頃を。
熱意にあふれていた、あの自分を。

オッサンも変われば、この国も変わるのかもしれない。

森下仁丹/2017

のど飴で有名な森下仁丹が始めた「第四新卒採用」のコピーです。新しい挑戦を忘れた中年サラリーマンに、仕事に打ち込んでいた時のことを思い出し、もう一度がんばろう!と決意を新たさせるような強いメッセージ。年齢関係なく仕事に対して熱意のある人財を採用するという森下仁丹の信念も感じます。

【9】かつては、銀行と呼ばれていた。

銀行はかつて、「両替商」と呼ばれていました。
両替をはじめとした貨幣を管理する商売から、
時代の変化によって、現在の銀行へとかたちを変えました。
「かつては、銀行と呼ばれていた。」
そんな未来が、もうそこまでやってきているのかもしれません。
「銀行」の新しいかたちとは?
その答えをつくるのは、私たちです。

三井住友銀行/2018

キャッシュレス化の広がりにより、銀行の存在意義が問われています。そんな時代の変化に合わせて、柔軟に進化しようとする意志を感じます。銀行に代わる存在とはどんなものなのか。未来の銀行をつくる人財が三井住友銀行の門を叩く姿がイメージできます。

【10】やりたいことを、本気でやろう。

夢がある。理想がある。
必ず実現したい世界がある。

そのためなら、どんな困難にも立ち向かう。
何度失敗したって、夢中になって喜んでやる。

Hondaは、意志の力を信じている。
だから、任せる、期待する。そして、問い続ける。

あなたが本当にやりたいことは何か。
自分の心に忠実に、本音でぶつかっているか。

信念のない、やらされ仕事じゃ、
世界をワクワクさせる未来はつくれない。
なにより、自分自身がつまらない。
人間は楽しんでいるとき、最高の力を発揮する。

すべての挑戦は、想いが起点にあるべきだ。
自分はこうしたいんだ、という覚悟と情熱が、
人を動かし、世界を変えていく。

世のため人のため、そして自分のために、
なにかを成し遂げたいと強く願う人を、
Hondaは歓迎します。

やりたいことを、
本気でやろう。

本田技研工業株式会社(Honda) /2017

こちらはHondaの中途採用サイトのコピーです。「すべての挑戦は、想いが起点にあるべきだ」という言葉は、多くのビジネスパーソンの心を突き動かします。取引先に言われたからとか、上司がこうだからとか、そういうことを気にしていたら世界は変わらない。もっとワクワクして仕事をしよう!そんな大切なことを思い出させてくれる名作です。

求人・採用コピーの名作いかがでしたか?求職者だけではなく、働いている人までココロを動かす名言が多くあり、勉強になりました。

次の投稿その他の記事を読む