コピーライターと言うと「一発でセンスのあるキャッチコピーをサラッと書き出す」というイメージを持たれますが、全くそんなことはありません。きっと、大ベテランの方でも、それはできません。私の場合はどんな案でも、頭の中に溜めずに、とにかくアウトプットしていきます。

「うまいこと言おう」
「かっこいいことを言おう」

この2つを意識しすぎると、一気にペンが動かなくなるので、この2つは一旦無視して、とにかく「いいと思ったこと」をまずはどんどん書き出していきます。なぜなら、キャッチコピーはうまいことを言うためでも、かっこいいことを言うためではなく、問題解決するために存在するからです。むしろ、上記2つに捉われすぎると、課題からどんどんズレていってしまう気がします。

かっこいいコピーをいきなり出そうと意識するがあまり「自分ではいいキャッチコピーが出せない」と思われる方も多いのですが、そういう方でも、まずは自分が「本当にいいと思ったこと」を素直に書き出してみることをおススメします。すると書き出した言葉から、「これが言えるなら、これも言えるかな」「こういう表現にしてみるのもありかも」と、言葉のたたき台になり、よりキャッチコピーがブラッシュアップしていくことができます。コピーライターの方はとにかく

「言葉」をめちゃくちゃ見直しています。

言葉のセンスもあるかと思いますが、この「1つのコピーにかける時間」が、普通の人よりも多いから、普通の人では思いつけないキャッチコピーが出てくるのではと感じた、そんな話でした。

コピーライターに、10案1万円で、依頼できます!

これからも、「本音」は、しっかりベースにしていきたいです。

次の投稿その他の記事を読む